Twitter広告運用代行
ツイッターで自社製品をプロモーション!

Twitter(ツイッター)広告の特徴

twitterprof

国内4,500万人が利用するSNS

Twitterは「ツイート(つぶやき)」とよばれる140字以内のテキストで情報発信したりユーザー同士で交流するSNS。

文字だけの投稿はもちろん画像(4枚まで)もしくは動画を付けた投稿もできます。

現在Twitterは世界に3億人、日本国内に4,500万人以上のユーザーを抱えています。

個人アカウントはもちろん、企業や有名人などのアカウントも多数あります。

Twitter上で他のツイートに混じって自然な形で配信できるのが「Twitter広告(プロモツイート)」です。

 

クリック(フォロー)課金型なのでムダがない

サイト誘導が目的なら1クリックごと、フォロワー獲得が目的なら1フォロワー獲得ごとに費用が発生。

消化される金額は効果があった分だけなので、広告費にムダがありません。

 

リツイート先では費用が発生しない

Twitter最大の強みはリツイートによる拡散。

プロモツイート自体のクリックには課金が発生しますが、リツイートされた先でクリックされた場合は課金対象外。

拡散されればその分お得にプロモーションをおこなうことができます。

 

細かいターゲティング

Twitter広告がTVCMやチラシのポスティングと大きくちがうのは「広告を見る人を絞り込める(ターゲtぃティングできる)」という点にあります。

「30代でクルマに興味がある男性」「新潟市在住の20代〜40代男女」「競合他社のTwitterアカウントのフォロワー」といった具合に、年齢・地域・興味関心などで配信するターゲットを設定できます。

 

反応・効果がデータでわかる!

さらにもう一つ、従来の広告手法とちがうのが、配信されたユーザーの反応や効果を数値で確認できること。

広告の内容(画像やテキスト)、配信先ユーザーの属性によっても反応・効果は変わります。

「どの年齢層が多くクリックしたか」「2種類の画像どちらの反応がよかったか」などを配信開始直後からチェックでき、配信期間中に広告内容や設定の修正も可能。

ユニークワンでは各企業専任の広告運用オペレーターがこまめにメンテナンスを実施することで、低コスト高効率な配信を実現します。

 

 

Twitter広告の種類

スクリーンショット 2019-09-26 8.43.48

 

(1)プロモツイート

他のユーザーの投稿に混じってタイムライン上に表示されます。

ユーザーにリツイートされるかどうかで費用対効果が変わってきます。

 

(2)プロモトレンド

トレンド欄の一番上にハッシュタグとして広告を出すことができます。

タイムリーな話題として認知拡大を狙える他、新商品のプロモーションにも効果を発揮します。

                           

(3)プロモアカウント

おすすめユーザー欄の一番上にアカウントが表示されるタイプの広告です。

広告の目的を「フォロワー獲得」にしている場合に特に頻繁に表示されます。

 

 

関連ページ