動画広告

 

・YouTubeで動画広告を配信したい

・テキストや画像の広告を出しているが動画にも挑戦したい

・TVCMに使った動画をWebでも流したい

これらを解決するのが

ユニークワンの動画広告運用です。

  

 

動画広告(YouTube広告)とは

動画広告

【動画広告(YouTube広告)の種類】

(1)バンパー広告

YouTubeで動画を視聴する前に流れる6秒以内の広告をバンパー広告といいます。バンパー広告は表示回数ごとに料金が発生します。スキップできないため必ずユーザーに閲覧してもらえる点が大きなメリットです。

(2)15秒スキップ不可広告

2019年1月、15秒間スキップ不可のフォーマットがリリースされました。このアップデートにより、TVCM用に制作された15秒動画も長さ調整なしで広告配信が可能になりました。

(3)インストリーム広告

動画再生画面で自動的に再生が始まるのがインストリーム広告です。バンパー広告と違い、5秒以上経過するとスキップボタンが表示されます。広告が30秒以上視聴(30秒以下の動画は最後まで視聴)されるか、広告がクリックされた場合に広告費が発生します。

(4)ディスカバリー広告

YouTubeのトップページ、検索結果ページ、動画再生ページ右側の動画一覧上部に表示されるのがディスカバリー広告です。こちらはユーザーが広告をクリックすると動画が再生されます。クリックされた時点で広告費が発生します。

 

【動画広告(YouTube広告)のメリット】

・テキストや画像よりも伝えられる情報量が多い

・利用ユーザーを細かくターゲティングして配信可能

・TVCMと比較して圧倒的低予算で出稿できる

1分間の動画が持つ情報量はテキストにすると180万語とも言われており、短時間で効果的な訴求が可能です。また、YouTubeの広告配信はGoogleアカウントに紐付いているため、Google広告同様、膨大な量のユーザーデータを活用したターゲティングが可能です。また、インストリーム広告は視聴時間が30秒以内であれば広告費が発生しない上、視聴単価を自由に設定できるため、自社の予算に合わせた出稿が可能です。

 

ユニークワンの広告運用代行

スクリーンショット 2019-03-22 16.50.09

Google・Yahoo!JAPAN認定パートナー
初回提案から結果分析まで一貫して対応

専門資格を持つスタッフがプロとして課題を解決
自社開発のダッシュボードで配信実績を可視化
映像制作・編集は専属ディレクターが対応

ユニークワンのコンサルティングチームおよび広告運用チームは、アシスタントメンバーも含めて全員がインターネット広告の有資格者。お客様の課題解決に最も効果的な手法をご提案し、配信開始後もきめ細やかにサポート致します。

また、自社で開発したダッシュボード「racooon(ラクーン)」によって、全媒体の広告配信状況をいつでも確認可能です。創業以来培ってきた実績とデータ分析力で、低コストかつ高効率な広告運用を実現します

Web動画広告は「最初の5秒」が命。当社では動画広告の効果を最大限発揮するため、動画マーケティングを熟知したプロによる動画制作、TVCMをWebに最適化した映像編集も提供しています。

 

掲載までの流れ

(1)お問い合わせ

まずは当サイトからお気軽にお問い合わせください。

(2)ヒアリング

担当者からご連絡させていただき、お客様の抱える課題についてお伺いします。

(3)ご提案(動画コンテンツ案提出)

伺った内容をもとに、配信方法の詳細について訪問もしくはWebミーティングツールを利用してご提案させていただきます。同時に、映像専門チームが最適な動画コンテンツ案を提出致します。

(4)ご契約

提案内容をご確認いただき、ご契約となります。

(5)動画制作・修正対応

制作から完成までは動画の内容によって異なります。

(6)校了・広告入稿

入稿後は媒体側で広告の内容について審査が入ります。通常は1〜3営業日で審査完了となり、広告配信がスタートします。

(7)配信開始

配信期間中は運用チームが状況を監視し、最大限の効果を発揮できるよう努めます。配信開始後はメールでの「初動報告」と「中間レポート」を、配信終了後は「最終レポート」を提出いたします。