Instagram広告運用代行
Instagram(インスタグラム)に広告が出せます!

Instagram広告って?

 

インスタグラム広告

国内ユーザー数3,300万人のSNS「Instagram」

写真や動画を投稿してユーザー同士で楽しむSNS「Instagram(インスタグラム)」。

2019年6月時点で日本のユーザー数は3,300万人、法人アカウントも国内で1万社以上存在しています。

このSNS上でユーザーの投稿に混じって配信されるのが「Instagram広告」です。

 

実は男女比4:6!40代以上のユーザーが3割!

instagram男女と年齢層ソーシャルメディアラボの記事を参考に作成)

Instagramと聞くと「10代〜20代前半の女性ユーザーが多い」というイメージがあるかもしれません。

しかし実際の男女比は4:6。半分弱が男性です。

年齢層についても特別若年層が多いわけではなく、40代以上のユーザーが全体3割を占めていますす。

そのため、若年層向け商品・女性向け商品だけでなく、男性をターゲットにした商品や若年層以外に向けた商品の販促活動にも有効です。

 

地方でもInstagram広告が増えてます

instagram佐渡汽船事例

1年半で2万4千フォロワー獲得! SNS・YouTubeで佐渡を全国にPR(佐渡汽船株式会社様-ユニークワン事例)

Instagram広告が有効なのは首都圏だけ、と思っていませんか?

すでに全国各地でInstagram広告を活用したプロモーションが拡がっています。

上記画像は新潟県に本社がある「佐渡汽船株式会社」様がInstagramで配信した広告です。

インターネット広告では「住んでいる地域」「興味・関心」「過去に自社のサイトに訪問したかどうか」などで配信ターゲットを絞り込めるので、地方でもしっかり効果を上げることができます。

 

【関連ページ】

佐渡汽船株式会社様のSNS活用事例(弊社実施)

 

Instagram広告のメリット

細かくターゲットを絞り込める

動画や画像で商品・サービスをアピールする点はTVCMやポスター広告に近いかもしれません。

しかしInstagram広告がTVCMやポスターと大きくちがうのは「広告を見る人を絞り込める(ターゲtぃティングできる)」という点にあります。

「30代でクルマに興味がある男性」「新潟市在住の20代〜40代男女」といった具合に、年齢・地域・興味関心などで配信するターゲットを設定できます。

 

反応・効果がデータでわかる!

さらにもう一つ、TVCMやポスターといった広告手法とちがうのが、配信されたユーザーの反応や効果を数値で確認できること。

広告の内容(画像やテキスト)、配信先ユーザーの属性によっても反応・効果は変わります。

「どの年齢層が多くクリックしたか」「2種類の画像どちらの反応がよかったか」などを配信開始直後からチェックでき、配信期間中に広告内容や設定の修正も可能。

ユニークワンでは各企業専任の広告運用オペレーターがこまめにメンテナンスを実施することで、低コスト高効率な配信を実現します。

 

テレビCMやポスター広告を出すよりも格安!

Instagram広告には「1クリックごとの課金」「動画1再生ごとの課金」「1000回表示ごとの課金」「アプリインストール1回ごとの課金」4つの課金方式が用意されています。

最低金額は1日100円から設定可能。予算をあらかじめ設定すればそれ以上広告費が発生することはありません。その分、他の広告よりも安い金額で、たくさんの人に見てもらうことができます。

※月額費の中に初期設定費・広告制作費などは含まれません。

 

購買行動への影響が大きい

Instagramは単なる写真・動画投稿ツールにとどまりません。

ファッションやグルメ、旅行に関する情報収集ツールとしても活用機会が拡がっています。

実際、ファッションに関してはGoogleよりもInstagramで検索を行うユーザーの方が多いという調査結果もあります。

アパレル、飲食、小売、観光など、個人を相手にしたサービス・商品のプロモーションにおいて非常に有効です。

 

企業の情報発信が受容されやすい

Instagram上では毎日世界で2億人以上の人たちが、企業やブランドのInstagramアカウントにアクセスしています。

他のSNSよりも企業に対する興味関心が強いユーザーが多いため、広告に対する抵抗感を持たせずに自然なアプローチが可能です。

 

Facebook(フェイスブック)広告も同時配信可能

Facebook広告とInstagram広告は同じ設定ツール(Facebook広告マネージャ)を使っています。

Facebookで設定した広告をそのままInstagramで配信したり、Instagram用にアレンジを加えて配信する、などの対応もスピーディに実施できます。

 

 

Instagram広告の種類

(1)静止画・動画(フィード広告)

instagram広告の種類出典:FacebookBusiness(Instagram広告)

 

他のユーザーの投稿に混じってタイムライン上に表示されます。

瞬時に注目させ、手を止めてもらえるような画像・動画を使うことが重要です。

 

(2)カルーセル広告

Instagramカルーセル 公式画像

出典:Instagram公式

横にスワイプして(指を滑らせて)展開する広告。

横長の画像を分割して見せたり、複数の画像をパラパラとめくって見せるのに効果的です。

                           

(3)ストーリーズ広告

Instagramストーリーズ広告

通常のタイムラインではなくストーリーズ内に配信されます。

一般ユーザーの投稿したストーリーズの間に流れ、自然な形で広告が配信されます。

フルスクリーンで広告が出せるのもストーリー広告の強みです。

 

(4)ブランドコンテンツ広告

instagramブランドコンテンツ広告の例-1出典:Instagram公式ブログ

2019年、インフルエンサーの投稿をそのまま広告配信するために登場した機能です。

企業色のない自然なクリエイティブをそのまま配信できます。

 

(5)発見タブ広告

instagram発見タブ広告出典:FacebookBusiness(Instagram広告)

 

Instagramの発見タブ(虫眼鏡アイコンから遷移する画面)でも広告配信可能です。

発見タブは、まだフォローしていないアカウントの投稿をランダムで表示する機能。

新しい情報を求めているユーザーとの接触機会を生み出すことができます。

 

 

関連ページ